クレベリンは赤ちゃんのおもちゃに使ってはダメ!それならクレベアンド!

クレベリンのcmよくやってるけど赤ちゃんの口に入っても安心なスプレー買ってみた!

クレベリンのスプレーは二酸化塩素使ってるから赤ちゃんには使えないでしょ!?危ないよ!

それってクレベリンじゃなくてクレベアンドでしょ!

クレベリンは新ウイルスの影響で飛ぶように売れていますが、その騒ぎと並行して製造元の大幸薬品からクレベアンドという別ブランドが立ち上がり、最近ではクレベリンよりもクレベアンドの方がCMをよく放送しているように感じます。

ブランド名やパッケージが似ているせいでどの商品にどんな特徴があるのか一見判別しにくく混乱を招いているように感じたので、今回は赤ちゃんのおもちゃにも安心して使えるクレベアンドのスプレーをご紹介したいと思います。

赤ちゃんのおもちゃにクレベリンを使う時は気を付けて!

冒頭にお話しした通り、クレベリンとクレベアンドは別ブランドです。

クレベリンは室内に置いたり、吐しゃ物等に直接吹きかけたり、身に付けるというようなタイプがあり、ウイルス・菌を99.9%除去すると謳っています。

空間除菌をウリとしていますので、クレベリンは基本人の肌に直接付けたりするものではありませんし、口の中に入ったら危険です。

下手をすると命にかかわる事にもなりかねませんので、赤ちゃんのおもちゃの除菌にクレベリンを使うのはやめてください。

最近クレベリンのCMよりもクレベアンドのCMをよく見かけますが、新ウイルスの件でクレベリンが有名になったと思ったらクレベアンドのCMが放送し始めたので、消費者はクレベリンのスプレーも赤ちゃんのおもちゃに使えると勘違いしてしまうんだと思います。

クレベリンは人の肌ましてや赤ちゃんには使えない!

クレベリンは成分の二酸化塩素が空間に漂う事で効果を発揮しますが、人の肌に直接使うと炎症を起こしたりする事もあるので、基本液体を触る事は無いです。

対してクレベアンドは、人の肌に直接使って除菌するのでクレベリンに対して安全な成分で作られています。

言ってみれば「手ピカジェル」のような商品とあまり変わらないと思います。

クレベアンドの商品の中でも赤ちゃんのおもちゃに直接吹きかけてその後の拭き上げが要らないものはクレベアンドのウイルス・菌除去スプレー(キッチン用)だけですが。

それと、クレベアンドはクレベリンのようにウイルスや菌を99.9%除去とは謳っていません。

多分クレベリンと抱き合わせで購入してもらいたいという想いで、ブランド名やパッケージを寄せているんでしょうが、いろんな意味で混乱します。

クレベリンにもクレベアンドにもスプレータイプがあるので、気付かずに赤ちゃんのおもちゃにクレベリンを吹きかける人がいなければいいのですが…。

赤ちゃんのおもちゃにはクレベアンドのウイルス・菌除去スプレー(キッチン用)

赤ちゃんのおもちゃを拭き上げ無しで使えるのはクレベアンドのウイルス・菌除去スプレー(キッチン用)です。

クレベリンとクレベアンドの商品で、これ以外に赤ちゃんのおもちゃを拭き上げ無しで使える物はありません。

くれぐれも間違えないようにしてくださいね。

この商品は、口に入っても安心な食品添加物アルコールを使用しています。

だから赤ちゃんのおもちゃに使えるんですね。

という事は、赤ちゃんのおもちゃ以外にも食器やまな板、赤ちゃんの哺乳瓶にも使えます。

拭き上げがいらないところが、赤ちゃんや子供のいる家庭ではとても使いやすいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

まとめますと、

赤ちゃんのおもちゃに拭き上げ無しで使えるのは、

クレベアンドから発売されているウイルス・菌除去スプレー(キッチン用)のみ。
クレベアンドのその他の商品は手専用。
クレベリンの商品は人の肌、ましてや口に入るような赤ちゃんのおもちゃには使えない。
以上です。
クレベリンとクレベアンドは乾燥した冬の時期には強い味方ですが、使い方を誤ると危険な事になりかねません。
使用上の注意をよく読んで効果的な使い方をしましょう!