ラルクの定価トレードはいつから?チケット完売後の購入方法!

  • 2019年12月5日
  • 2020年1月15日
  • 芸能

ラルクのライブチケット取れなかった!!

8年ぶりのツアーなのにこれ行けなかったら次いつになるのか・・・。

定価トレードはもう始まってるの?

ラルクファン待望の全国ツアーが2020年1月9日から大阪城ホールを皮切りに最終の3月5日までの約2か月間全国を席巻します。

前回の全国ツアーからかなり間が空いた今回の【L’Arc-en-Ciel ARENA TOUR MMXX】のチケット販売は一般の分まで終了しています。

そして、去年のラルクリからラルクのライブチケットは紙の発券ではなくチケットボードによる電子チケットになりました。

チケット転売行為によるアーティストの権利侵害を撲滅するため導入されたシステムですが、悪い事とはいえこれによりチケット完売後の入手はほぼ無理といった状況です。

実際に購入できなかったファンの方はたくさんみえると思いますが、まだ諦めるのは早いです。

今回はラルクライブ2020のチケットを逃した方のために最後の手段である定価トレードでの購入方法をお伝えしたいと思います。

※12月16日から22日まで1月公演の定価トレードの出品・購入の受付が始まっているようです!

ラルクライブ2020のチケットは完売!

TheDigitalArtist / Pixabay

ラルクライブ2020【L’Arc-en-Ciel ARENA TOUR MMXX】チケット販売はファンクラブの先行販売に始まり、一般販売まで全て終了し、当然のように完売という結果でした。

先着順ではなく抽選だったので早い者勝ちでなかった分、販売期間内に申し込めば皆さん平等の当選確率でした。

ただそれではファンクラブに入っている人たちに対して不平等になるのでツアー中の2公演は会員限定ライブになってます。

ラルクのファンクラブ会員数は約30万人と言われてますから仮にファン1人が全公演を1枚ずつ申し込んだ場合、

  • 大阪は4公演でのべ64,000人収容なので、倍率約4.7倍
  • 愛知は2公演でのべ13,000人収容なので、倍率約23倍。
  • 埼玉は2公演でのべ74,000人収容なので、倍率約4.1倍。
  • 横浜は2公演でのべ34,000人収容なので、倍率約8.8倍。
  • 東京は2公演でのべ26,000人収容なので、倍率約11.5倍。

ファン全員が各公演に応募しただけでこの倍率です!

びっくりしますよね。

このうえ一般の方も入ってくるわけですから倍率の事は考えたくもないくらいスゴイ事になります。

望みはチケットボードの定価トレード!

raphaelsilva / Pixabay

そんな尋常じゃないくらいの高倍率で販売されたラルクライブ2020のチケットですが、完売だからと言って望みがゼロではありません

転売行為は出来なくなったと言っても管理の行き届かない違法な転売がダメになったというのが正確でしょうか。

チケットを購入された人の中にはやはり、いろいろな都合で行けなくなる人も出てきます。

今回のチケット額は1枚\11,000と高額です。

転売というシステムがなければ、こういったケースはお金をドブに捨てる事になりますし、行けなかった本人はもとより行きたかったけど抽選に外れて購入できなかった人をも不幸にします。

さらにはせっかくファンのためにライブを開催した主催者側も悲しい思いをするので誰も得をしません。

なのでチケットボードは定価トレードというシステムを導入しています。

読んで字のごとく、チケットを定価でトレード(取引)するというシステムです。

ライブに行けなくなった人が、チケットをチケットボードの定価トレードに出品してそれを行きたい人に購入してもらうという正規の転売です。

定価なので出品した人は購入金額が戻ってきますし、購入者側も定価なので無理なく購入できます。

誰もが損をしない本来あるべき転売のシステムです。

他にも正規をうたう転売サイトはあり、合法のようですが、チケットが高額になるケースがあったり、主催者側が認めていないので実際にそのサイトで購入した人が入場できなかったという事例もあります。

なので、安心・安全に転売チケットを購入し、確実に入場できるのは、主催者が提供する定価トレードシステムのみです。

定価トレードでの購入方法

PublicDomainPictures / Pixabay

ライブのチケットを購入しようとした人ならばすでにチケットボードのアカウントは持っていると思うのでログイン、持ってない方はアカウントをとって同じくログインしてください。

チケットボードHPはこちら

トップページの下の方に定価トレードという項目があるので、ここにラルクライブ2020のツアー名が出ていればクリックして購入に進みます。

定価のチケット代金と手数料をクレジットカードで支払い、スマホに電子チケットをダウンロードして当日ライブへという流れです。

定価トレードで購入する時の注意点

paulracko / Pixabay

定価トレードでチケットを購入する際の注意点をまとめたのでご覧ください。

  1. 定価トレードの場は必ずしも開催されるわけではない
  2. すでにラルクライブ2020のチケットを持っている場合、定価トレードの購入は出来ない
  3. 定価トレードで購入できた場合、チケット代金と手数料を支払う。
  4. 決済はクレジットカードのみ
  5. 定価トレードで購入したチケットは変更、キャンセル、定価トレードへの再度出品は出来ない
  6. 定価トレードでの購入は1セットのみ
  7. 複数枚単位で販売されているチケットは、複数枚単位での購入になる

①から⑤まではそうだよねとすんなり入ってくると思いますが、問題は赤字の⑥と⑦です。

まず⑥ですが、②と少しかぶってくると思いますが、例えば定価トレードでチケットを1枚購入しようと思った時に「友達の分も買っておくか」と、もう1枚別で出品されているチケットの購入は2セットとなるのでできないという事です。

そして⑦ですが、購入者側にはここが少し嫌な部分かもしれません。

例えば、売り手側がチケットを2枚出品している場合、自分が1人でライブに行きたいからと2枚のうちの1枚だけ購入という事が出来ないという事です。

この場合どうしても行きたければ2枚購入して1枚を無駄にしてしまうか、友達を無理やり誘って譲るという2つの選択肢しかありません。

要するにセット販売しかできませんよという事です。

定価トレードにチケットが乗ってきた場合、⑦のケースが一番厄介な部分だと思います。

チケットボードのラルクチケット出品・購入受付情報はこちら

まとめ

いかがでしたか?

ラルクライブ2020のチケットは早々に完売になってしまいましたが、その後でも諦めなければ定価トレードという救済システムがライブへの道を開いてくれるかもしれません。

ですので、これからいつチケットが出品されてもいいように逐一、チケットボードのHPを確認しておく必要がありそうです。

チケット抽選に外れた方、諦めずに定価トレードでチケットをゲットして念願のラルクライブ2020に行きましょう!!