レジー・ベネットの今は?ダダーンボヨヨンボヨヨンのcmが懐かしい

  • 2019年11月10日
  • 2019年11月13日
  • 芸能

「ダダーンボヨヨンボヨヨン」のフレーズが懐かしいピップフジモトのcmに出演していたレジー・ベネットさん。

1990年代前半に放送されたこのcmは当時アメリカで活躍していたプロレスラー、レジー・ベネットさんが川から飛び出して「ダダーンボヨヨンボヨヨン」と言いながら力強くポーズをとるという栄養ドリンクのcmです。

当時はこの強烈なインパクトから社会現象になるほどの人気ぶりで当時知らない人はいないんじゃないかというくらい有名です。

30代後半以上の方は懐かしいんではないでしょうか。

今回はそんな彼女の当時の人気ぶりと、今何をして生活しているかをご紹介したいと思います。

強烈な印象でマネする人が続出

私は当時中学生だったと思います。

その当時はテレビの規制なんて今に比べたらとても緩かったので教育に悪そうな映像やフレーズも平気で流れていましたね。

だから「ダダーン」のcmも放送できたと思いますが、そのセリフと共に胸を寄せるポーズが流行りに流行っていろんな人がマネしてました。

そもそもレジー・ベネットさんはアメリカでボディビルダー、その後プロレスラーとして活躍してましたが、ピップフジモトのcmに出る前は日本のほとんどの人に知られてないと思いますので、あの人気ぶりを思うとこのcmがいかに多くの人に強烈な印象を与えたのかが分かります。

1991年流行語大賞大衆部門・銀賞を受賞

あまりの人気ぶりにテレビでも引っ張りだこでしたから、見ない日はないくらいのレジー旋風でした。

cmに起用したピップフジモトとしてもこんなに人気になるとは思ってなかったと思いますが、結果販売していたダダンという栄養ドリンクはバカ売れだったと思います。

1991年そんな当時の人気ぶりだったので当然流行語大賞にもノミネートされ、見事「大衆部門・銀賞」を受賞しました。

そしてその勢いのまま日本でのプロレス人生を2001年まで続けられたそうです。

ピップ株式会社のダダンは今も販売中

現在社名変更したピップ株式会社からは今でも「ダダンⅡ」として販売中です。

飲んだことはないので味は分かりませんが、リポビタンDなどの栄養ドリンクとさほど変わりないでしょう。

値段もそれに近いようです。

レジー・ベネットさんの今

2019年の今、レジー・ベネットさんは58歳。

2018年の時点では、ミシシッピ州のホームセンターでスーパーバイザーという要は管理職に就いているらしいです。

左肩を痛めて手術したらしいですが元気だという情報です。

当時結構稼いだと思うので優雅に引退生活と思ってましたが意外にそうでもないようですね。

ですが、今も元気という事なので「あの人は今!」みたいな番組に出演してその姿を見せていただけたら皆さん懐かしむと思います。

まとめ

いかがでしたか?

当時強烈なイメージで一世風靡したレジー・ベネットさん。

誰もがあれほどの人気が出るとは思ってなかったと思いますし、本人にとっても日本での生活は思い出深いと語っています。

年齢を考えるとプロレスは無理でしょうが、まだ58歳と若いのでまた別のジャンルで活躍して日本に戻ってこられる事を願ってます。