コアラマットレスのカバーは洗濯機で洗える?注意点はあるの?

  • 2021年1月7日
  • 2021年2月1日
  • 生活

「寝ている間にたくさん汗をかくらしいけど、マットレスは清潔なんだろうか??」

「コアラマットレスを洗う事はできないけどせめてカバーだけでも洗いたい」

「カバーの正しい洗い方ってあるのかな?」

人は寝ている間に体温調節など様々な理由で、およそコップ1杯分の汗をかきます。

その汗はパジャマやマットレスが吸収するのですが、パジャマは洗えてもマットレスって洗えないですよね。

洗えないからとそのまま放置してマットレスの手入れを怠ると、ダニの発生やハウスダストの原因となります。

そこで、コアラマットレスのカバーは手洗い以外で洗うことができるのか、洗う際の注意点はあるのか、そしてダニやハウスダストを予防する対策について紹介していきたい思います。

\返品手間なし!配達員に渡すだけ!/

めんどくさい手洗いをしなくても洗濯機で洗える!?

コアラマットレスのカバーは洗うことが出来ますが、手洗いが推奨とされています。

しかし、ダブルやクイーンサイズのマットレスカバーを手洗いするのは、大変だしめんどくさいですよね。

カバーのジッパーを開けて取り外し、水と中性洗剤で優しく手洗いをしてください。

出典:コアラマットレス

実は、マットレスカバーは洗濯機で洗うことが出来るんです。

洗濯機を使う際は手洗い・おしゃれ着コースを使用してください。

普段はニットといった伸縮したり、型崩れしやすい衣類用に使うコースですが、マットレスカバーを洗濯する場合も使用します。

マットレスカバーは裏返しにし、洗濯ネットに入れて洗ってください。

汚れがひどいところがある場合は、洗濯機に入れる前に部分洗いしておくとよいでしょう。

洗濯機に入れて洗うのもめんどくさいという方は、クリーニング屋さんでドライクリーニングを依頼しましょう。

ドライクリーニングは水で洗う代わりに、有機溶剤という石油系もしくは塩素の系の溶剤を使って洗う方法のことで、普段はスーツ、ドレス、着物などを洗濯する場合に使用します。

手洗い以外で洗う方法をまとめると

  • 洗濯機の場合は手洗い・おしゃれ着コースで洗濯
  • クリーニング屋さんに持っていく場合はドライクリーニングで洗濯

になります。

注意しないと傷んでしまうかも。。。

コアラマットレスのカバーが、洗濯機でも洗えることはわかりましたが、乾燥方法はどうすればよいのでしょうか。

ホームページには、乾燥機を使用しないようにとされています。

乾燥機の使用はお控えください。

出典:コアラマットレス

一体なぜ、乾燥機を使用してはいけないのかというと、カバーの素材に関係がありました。

乾燥機は繊維にダメージを与えてしまう

コアラマットレスのカバーは、ユーカリの繊維から作られており、肌触りや吸水性、速乾性に優れているのですが、摩擦には弱い特徴があります。

特に、水に塗れた状態での摩擦には弱く、そこに乾燥機のような高温の熱や風が加わることで、繊維がボロボロになり、以前と同じような肌触りや吸水性が失われてしまいます。

つまり、乾燥機によって繊維素材が大きくダメージを受けてしまうのです。

乾燥させる場合は、乾燥機を使用するのではなく、風通しの良い日陰で乾かすようにしましょう。

より早く乾燥させたい場合は、サーキュレーターや扇風機を使ってみるといいかも知れませんね。

マットレスに潜む天敵への対策はこれだ!!

マットレスで快適な生活を送っていると、ある日突然かゆみが出た経験はありますか。

もしくは、せきやくしゃみが出始めたり、鼻水が出てくるなどの症状を経験した方は、出来るだけ早くマットレスを買い替えるべきです。

実は、ダニやハウスダストによるアレルギーが原因の可能性があります。

そんな経験をしないために、ダニやハウスダスト対策をして、予防しましょう。

ダニにとって布団は過ごしやすい場所なの!?

ダニがどうして、布団やマットレスに生息しているかというと

  • 60~80%の温度と25~30℃の高温多湿な環境
  • 皮脂やフケ、アカを餌にしている
  • 繊維が密集していて外敵から身を隠す場所になる

ダニにとっても居心地の良い場所だったためです。

特に頭部周辺や布団の隅っこに、フケやアカがたまりやすく、ダニが多く生息しています。

ダニが多くなるということは、ダニの死骸やフンも増えることになり、ハウスダストが増える原因にも繋がってしまうのです。

コアラマットレスはダニには住みづらい!!

コアラマットレスの場合も同じかというと、ダニにとっては居心地が悪いマットレスなんです。

なぜコアラマットレスがダニにとって住みにくいかというと

  • 通気性が高いため高温多湿になりにくい
  • ポリウレタンフォームというウレタン素材

が理由です。

ウレタン素材のマットレスは、スポンジに近い化学繊維なので、フケやアカが付着しにくい性質があります。

また、コットンやウールのような素材と比べて、繊維が絡まり合っているわけではないので、身を隠すのにも適していません。

それでも、完全に発生しないわけではないので、しっかりと対策はしておきましょう。

ダニ対策として効果的なのは、布団乾燥機と掃除機による吸い取りです。

60℃以上の熱で20分~30分ほどかければ、ダニを死滅できるので後は掃除機でダニの死骸や排泄物を吸い取ってください。

掃除機をかける際は、弱いモードでゆっくりと吸い上げるのもポイントですよ。

また、ウレタン素材のマットレスは熱に弱い特徴があるので、過度な温度で長時間、布団乾燥機を使用しないようにしましょう。

布団乾燥機や電気毛布は最大70度で1時間まで、50度の場合は2時間までなら安全にご使用が可能です。
使用により、フォーム(スポンジ状のマットレス本体)が熱により柔らかくなることがありますが、フォームが冷えるとまた元の硬さに戻りますのでご安心ください。

出典:コアラマットレス

まとめ

いかがでしたでしょうか。

コアラマットレスのカバーは洗濯機で洗濯できるのかまとめると

コアラマットレスのカバーは洗濯機やドライクリーニングで洗うことが出来る。
摩擦に弱いため繊維を傷つけないように洗い、乾燥機の使用も控える。
ダニにとっては居心地の悪いマットレスのため、比較的ダニが発生しづらい。
ダニ対策として布団乾燥機と掃除機を使えば、予防も出来る。
ハウスダストも掃除により吸い取られるため一石二鳥である。

長く大切に使っていくためにも、定期的にマットレスカバーの洗濯や布団乾燥機による予防を行っていきたいですね。

\返品手間なし!配達員に渡すだけ!/